×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビというのは、色々な原因によって肌に引き起こされます


ニキビの原因

ニキビというのは、色々な原因によって肌に引き起こされる炎症が元になっている発疹で、思春期の時期に出来る発疹をニキビといいますが、それ以降の思春期をすぎた後の成人になってからのニキビは、吹き出物といっています。ニキビは皮脂腺がある場所に出来やすいといわれていますが、主にニキビが出来やすい場所というのは、顔や頭、胸や背中によく出るといわれています。ニキビは体質によって出来やすい体質と出来にくい体質があります。ニキビが出やすい体質の人というのは皮脂の活動が活発な人だといわれています。

また、ニキビは出来やすい時期もあるので、出来にくい体質の人でも、ニキビが出来やすい季節の変わり目などにはニキビが出来るといわれています。ニキビが出来やすい時期というのは、夏の初めや秋の初めに出来やすいといわれています。ニキビは思春期の時期になると沢山出始めて、思春期をすぎると自然にニキビが治まるといわれています。ですが、最近では思春期以降でもニキビが出来てしまう大人のニキビに悩んでいる人もいるそうです。大人のニキビは思春期のニキビと違って少し頑固で、なかなか治らないのが特徴です。大人のニキビは吹き出物とも言われています。

ニキビ跡

ニキビ跡というのは何かというと、ニキビに出来た後に、赤いシミのようなものが残ってしまうことをニキビ跡といいます。ニキビ跡は少し赤く残ったり凸凹するのが特徴で、このニキビ跡が改善するのはなかなかすぐには治らず、時間がかかるケースが多いといわれています。またひどいニキビ跡の場合には、一生ニキビ後が顔や体に残ってしまうこともあります。ニキビ跡は、実はニキビで悩んでいる人の一番の悩みとも言われているのです。

ニキビで赤いのはなぜかというと、炎症によって傷つけられてしまった皮膚を修復するためにその新しい組織が見えているので赤く炎症を起こしたように見えています。このニキビ跡は大体半年以内には消えるといわれていますがニキビ跡がそのまま残ってしまって紫外線などの刺激を受けることでニキビ跡が色素沈着を起こしてしみになることもあるようです。ニキビ跡は凸凹していることが多いのですがこのへこみはニキビの炎症で真皮に傷がついてへこんだ状態で、凸の方は、ニキビが治る際に膿がなかに残った状態でそのままふさがったために膨らんでいる状態だそうです。ニキビ跡の改善はなかなか難しく自分で出来ないこともあります。美容整形外科などでニキビ跡の治療を受けることで綺麗になるとも言われています。

背中のニキビ

背中に出来るニキビは顔に出来るニキビと同じように皮脂腺が原因でニキビが出来るといわれています。背中には、顔と同じように皮脂腺が沢山ありますからニキビが出来やすいといわれているのです。背中のニキビは顔のニキビや他の部分のニキビと違って、お風呂に入ったときなどに、洗いづらいというのが一つの理由で手入れしにくいといわれています。背中のニキビの原因は背中は汗をよく汗をかきますからそれが背中に出来るニキビの原因とも言われています。また、化学繊維の洋服などは寝ているときの汗の通気を悪くしますからそれによってニキビが出来やすいとも言われています。

また他にも髪の毛を洗ったときなどに、シャンプーやリンスがきちんと洗い流されていなくて、洗い残しが背中に残ってしまって、背中のニキビになるとも言われています。ですから、背中ニキビを防ぐためにも、背中をきちんと流す必要があります。背中のニキビはまた、ホルモンのバランスによってニキビが出やすいとも言われていますから、内向的な性格の人は背中ニキビが出来やすいとも言われています。背中ニキビはなかなか自分でもケアしにくいので、夏場など背中の開いた洋服を着れなかったりと、背中ニキビのある人は色々と悩んでいるようです。

大人ニキビ

大人ニキビというのは思春期をすぎてもまだニキビが出来ることを大人ニキビとよんでいます。ニキビというのは、思春期をピークにして、発症して、大体の場合は思春期のニキビは年齢とともにホルモンのバランスが安定することでニキビは減っていくといわれています。しかし大人ニキビは、色々な原因が重なっていて思春期に出来るニキビよりもとても厄介だといわれています。

大人ニキビの原因はストレスや肌が乾燥することだといわれています。ストレスがたまると、ストレスに勝てるようにと、ニキビの元になっているアストロゲンが沢山分泌されます。それによって皮脂の量が増えてニキビが出来てしまうといわれています。大人のニキビはとても厄介で乾燥したことによって肌はなかなかターンオーバーしなくなって、角質がたまっていきそれが毛穴を防いでニキビになってしまいます。大人のニキビを改善するには、まずはストレスをためないことや、角質を小まめに取ること、そして食生活の見直しや生活習慣の見直しも大切になってきます。大人ニキビは一度出来てしまうとなかなか治らず、ニキビ跡にもなりやすいので早めの対処が必要になってきます。最近では大人にニキビ用の化粧品なども販売されています。

ニキビの治療

ニキビの治療には色々な方法があると思います。自宅で出来るニキビの治療といえば、やはり乾燥を防いでニキビが悪化しないようにして、ニキビ用の薬を塗るなどして治療することが出来ます。しかしニキビの治療はなかなか自分で完治するまで持っていくのは難しいといわれていて、美容整形外科などでもニキビの治療が行われています。美容整形外科で行うニキビの治療の場合は、レーザー治療が一般的です。ニキビ治療のレーザー治療はニキビだけでなくニキビ跡の治療にも効果があるといわれています。

ニキビやニキビ跡にレーザーをあてることによってニキビやニキビ跡の症状が改善されるといわれています。ニキビの治療で美容外科で行う場合にも、一回での治療はむりですから、何回か繰り返し治療に通うことで効果があらわれるといわれています。ニキビの治療で、よく、自分で出来るものとして、ニキビの中にたまってしまった、膿を自分で出して治す方法があるといわれていますがこれは実は間違ったニキビの治療法法です。自分で膿を出すことによってニキビの炎症を抑えることが出来るかもしれませんが肌を傷つけてしまいますから皮膚にとってはよくない治療方法なのであまりおすすめできません。

ニキビはなぜ顔に出来るのか

ニキビはなぜ顔に出来るのかについて紹介したいと思います。ニキビは多くの場合ほほや額に出来やすいといわれています。ほかにも体の部分で言うと、ニキビは背中や胸にも出来やすいです。顔や背中、胸の部分になぜニキビが出来やすいのか、その理由は共通していて、皮脂腺が集中していることによってニキビが出来やすいといわれています。皮脂腺というのは毛穴の部分に開口しています。皮脂腺で作られた皮脂は毛穴を通って皮膚の表の部分に出てきます。

ニキビはその毛穴からです皮脂が炎症を起こしたために出来るといわれています。ですから思春期になると皮脂腺が活発になって肥大して、皮脂が活発に生成されることからニキビが出来やすいといわれています。ニキビがなぜ顔に出来やすいかということですが、ニキビの原因になっている皮脂腺が顔にはとても多いので、ニキビは顔に出来やすいといわれているのです。皮脂腺が顔に沢山ある体質の人ほどニキビが出来やすいといわれているのです。ニキビが顔に出来やすい人というのは背中にも皮脂腺が沢山ある人が多く、顔に出来るニキビだけでなく、背中にもニキビが出来るといわれています。ニキビは顔に出来やすく、思春期の学生などの悩みの一つではありますが、これは皮脂が活発になることによって起こる炎症なのです。

ニキビの発症因子

ニキビの発症因子が何かについて紹介したいと思います。ニキビの発症因子は3つあるといわれています。まず、ニキビの発症因子の一つ目としては皮脂腺が大きく肥大したことによって起きるといわれています。そして、ニキビの発症因子の二つ目は毛穴の中に日常的に存在している最近のプロピオニバクテリウムアクネスと呼ばれる通称ニキビ菌と呼ばれる菌がいるのですがそれが原因とも言われ手います。このニキビ菌は酸素が少ない状態でも増殖が可能で、皮脂を栄養にして増えて生きますから皮脂が活発に出る思春期の肌などはこのニキビ菌が成長するのに適した条件になっているといわれています。

そしてニキビの発症因子の三つの因子としては、毛穴の開口部が固まって角質がたまってしまって、ニキビ菌を持っている脂肪分解酵素によって角質を固めてしまうという働きがニキビを発症させるといわれています。ニキビが出来ている肌というのはなかなかターンオーバーが進まないために角質がたまりやすい肌になっているといわれています。ニキビができているから新陳代謝が出来ていてはだがターンオーバーされているのではないので、ここのところを間違えないようにいなければいけないと思います。

ニキビに悪い食事

ニキビに悪い食事ついて紹介したいと思います。ニキビに悪い食事というのは、ニキビの原因になっている皮脂腺というのは油に溶ける物質を体の外に排出する働きがあります。ですから、脂溶性の物質は皮脂腺に集められることになります。油を多く含んでいる食べ物をはじめとして、油脂を沢山含んでいるスナック菓子や牛乳などを必要以上に大量に食べるというのはあまりよくないといわれています。また、コーヒーやチョコレートなどの刺激が多い食べ物も、刺激をニキビに与えますからニキビにとってよくない食べ物と言われています。

ニキビを気をつけるなら、甘みを抑えていれば問題はないといわれていますが、砂糖や炭水化物は皮脂腺で中性脂肪を生成する元になっているといわれていますから、ニキビには良くない食べ物といえると思います。またアルコールもニキビには良くない影響が出るかもしれませんから控えたほうがいいと思います。とにかくニキビの人には油分を多く含んだ食べ物は大敵です。揚げ物はもちろんの事、肉類や高カロリーな食べ物も出来るだけ控えるように日ごろから注意しておくことが必要です。毎日の食事で油の量を減らすことによってニキビの症状が改善されます。

赤いニキビ

ニキビの種類には色々な種類があると思います。例えば、赤いニキビですが、このあかいニキビというのは炎症を起こしているニキビのことを言います。毛穴の中で増殖してしまったニキビの菌を持っている脂肪分解酵素が皮脂の成分の中性脂肪を分解して、それによって、遊離脂肪酸を作るといわれています。ニキビ菌からは炎症に関係している白血球を引き起こす因子が分泌されるとも言われています。この遊離脂肪算と毛穴の周りに集まった白血球が毛穴の壁を壊して、毛穴を中心にして炎症を起こします。これが赤いニキビと言われています。

赤いニキビはニキビ菌が毛穴の中に増えている状態という単純な物ではなくて、炎症が起きている状態の事を表しています。赤いニキビの炎症がもっとひどくなると、毛穴の中に化膿してしまった膿が出てくるようになります。この膿を無理やり赤いニキビから出そうとして皮膚を傷つけて自分で出すと、ニキビの炎症はさらにひどくなるだけでなく、皮膚も傷ついてしまいますからやめましょう。赤いニキビは熱を持ったように赤く膨れ上がっているのが特徴的です。このニキビの場合は普通のニキビに比べると炎症が起きていることになりますから炎症がこれ以上ひどくならないようにケアが必要です。

ニキビ治療の基本方針

ニキビ治療の基本方針について紹介したいと思います。ニキビ治療ではまずは皮脂の生成を抑えるようにします。そして皮脂が皮膚の表面に排出されるのを促進させて出来るだけ毛穴に皮脂がたまらないようにするのが大切です。また、ニキビ菌をこれ以上増やさないようにすることと、ニキビ菌の数を減らすことを目的としてニキビの治療を行います。

具体的にはにいび治療にはどのようなことを行っていけばいいのかというと、食事の改善やホルモン異常の調整がありますが、食事指導の場合には、出来るだけ油を多く含んでいる食べ物を食べないようにすることでニキビを治療することにつながります。またホルモン異常を正常に戻すということは自分で行うのは無理かと思いますからこちらは病院でニキビがひどい場合に行います。他にも自分で出来るニキビ治療としては、洗顔をこまめにして、油が分泌された場合にそのままにしておかないことです。またニキビ治療では薬を使うことがあり、抗菌剤を内服したり、外用の薬を使用することもあります。ニキビ治療は自分で出来るものと、自分の力では出来ない治療もありますから、ニキビの症状に合わせて、ひどい症状の場合には、出来るだけニキビ治療を病院で行うようにしたほうがいいでしょう。

Copyright (C) 2007 ニキビの原因. All rights reserved. ninja